Home
SERVICE:当社の技術サービス調査技術>軌道変位測定システム
 
軌道変位測定システム

 本システムは、保守点検で使用されている点検車にレーザ変位計や2次元レーザを搭載し、軌道を時速15kmで走行しながら、軌道の変位測定を行うシステムです。レーザ変位計は、車両に複数台設置が可能で、従来から計測されている「通り」「高低」「水準」等の測定項目を全て網羅できます。 2次元レーザ変位計は、高精度にラインスキャンを行い、電車線の摩耗などが計測できます。

 
主な特長
① 点検作業の大幅な効率化
② レーザ変位計による変位量の取り込み(デジタルデータ)であるため、記入ミスなどの人為的ミスが解消できます
③ デジタルデータなので、データ処理が格段に向上します

仕様
 
 型式  LK-G505
 機材写真
 基準距離  拡散反射:500mm、正反射:497.5mm
 測定範囲  拡散反射:-250~+500mm、正反射:-249~+498mm
 光源  種類  赤色半導体レーザ
 波長  655nm(可視光)、レーザクラス:3Ror2
 出力  最大4.8mW
 スポット径(基準距離にて)  約300×9,500μm
 繰り返し精度  2μm
 耐環境性  保護構造  IP67(IEC60529)
 使用周囲照度  白熱ランプ/蛍光灯:10,000lux以下
 使用周囲温度  0~+50°
 使用周囲湿度  35~85%RH(結露しないこと)
 耐振動  10~55Hz、複振幅1.5mm、X,Y,Z各方向2時間
 外形寸法  26.7 x 23.4 x 39.1cm
 質量  約380g(コード含む)

 
 機材名  LJ-V7300
 機材写真
 基準距離  300mm
 測定範囲  Z軸(高さ)  ±145mm(F.S.=290mm)
 X軸(幅)  NEAR側  110mm
 基準距離  180mm
 FAR側  240mm
 光源      青色半導体レーザ
 波長  405nm(可視光)
 レーザクラス  クラス2
 繰り返し精度  Z軸(高さ)  5μm
 X軸(幅)  60μm
 プロファイル
 データ間隔
 X軸(幅)  300μm
 耐環境性  保護構造  IP67(IEC60529)
 使用周囲照度  白熱ランプ: 10000lx以下
 使用周囲温度  0~+45℃
 使用周囲湿度  20~85%RH(結露無きこと)
 耐振動  10~57Hz 複振幅1.5mm X、Y、Z 各方向3時間
 耐衝撃  15G / 6msec
 
主な用途
・部分的高低測定(軌道桁走行面の継目部の縦断折れ量)
・部分的通り測定(軌道桁案内面の平面折れ量)
・水準測定(軌道桁の傾き)
・フィンガープレートの段差、喰い違い測定
・電車線、レールの摩耗計測
 
適用事例
・モノレール軌道変位測定
・自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)起動変位測定

レーザ変位計設置状況
 

レールの摩耗測定状況
 

通り計測値のグラフ化事例
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら